header-pc

スポンサーリンク



 

色の豆知識

lines

ニュートンは1704年、著書「Optics」の中で「色彩は光そのものである」と述べています。

光に色がついているわけではなく、色は光によって引き起こされる「感覚」であるということを述べているのです。

同じ色や光でも場合によっては異なった色彩感覚を生み出すことがあるというのです。

「光は網膜を刺激して視感度を励起することが出来る放射である」

と定義し、光が目を刺激した結果、可視光である色が初めて認識されるということを科学的に証明したのです。

こうしたニュートンの実験化学による物理的事実に対してゲーテのほうは、

生理学、心理学を含めた経験科学的方法で、経験的事実として色彩をとらえたのです。

このことはゲーテがニュートンのできなかった色彩の本質への展開ができた理由であり、

それが現在でも「知的心理学」や「色彩心理学」の分野で評価されている部分ではないかと思います。

 
スポンサーリンク
 

・欧米では当たり前?

・色は心の栄養

・色は心の状態を表す

・自分の心が求めている色

・心の守護色

あなたの心を映し出す

・自分の色を表現する

極彩色について

     

pc

スポンサーリンク



 

☆こちらの記事も読まれています☆

人気記事ランキング

黄色は成長ホルモンを促す

yellow 

子供の持ち物には、レモン色、ひよこ色、やまぶき色などの黄色系を上手に取り入れてあげましょう。黄色一色にこだわるのではなく・・・

お金を使いたくなる?黄色とオレンジ

money1

「黄色いお財布はお金がたまる」

という考えがあります。これは風水によるもので・・・

会社に行きたくない朝は色彩で自分を励まそう

yjimage1

朝カーテンを開けたら今にも降り出しそうな曇り空

睡眠不足で顔がむくんでいる、なんかしんどい・・・

2016/05/31

☆NEW SITE☆
 
   twitter-follow-300-80