header-pc

スポンサーリンク



 

色彩が体に及ぼす生理的作用

色の持つ作用を紹介していきましょう!!

 

 

赤  red-maru 

循環器系に働きかけ、血流を増やして、血圧が上昇する。

呼吸数を増やし筋肉の緊張を促す。

体温が3度上がる。

 

黄色yellow-maru  

自立神経を作用し、副交感神経を刺激して食欲を増進させ、消火器系を活発にする。

内分泌系に働きかけ、成長ホルモンの分泌を促進する。

 

 

green-maru緑  

脳下垂体を刺激し、肝臓に働きかけ、血液の生成を増進して精神が安定する。

まばたき率が減少し、眼精疲労に効果的である。副交感神経に作用し、血圧を下げる。

 
スポンサーリンク
 

blue-maru   

自律神経に働にきかけ、交感神経に作用し、血圧を下げてリラックスする。

呼吸数、筋肉緊張は減少する。

 

ピンクpink-maru 

内分泌系に働きかけ、女性ホルモンの分泌を下げて促す。

 

white-maru

視神経を刺激し、筋肉の緊張を起こす。

呼吸器系に作用し、呼吸を楽にする。

 

black-maru

免疫機能に働きかけ、自己治癒力をあげる。

 

 

     

pc

スポンサーリンク



 

☆こちらの記事も読まれています☆

人気記事ランキング

黄色は成長ホルモンを促す

yellow 

子供の持ち物には、レモン色、ひよこ色、やまぶき色などの黄色系を上手に取り入れてあげましょう。黄色一色にこだわるのではなく・・・

お金を使いたくなる?黄色とオレンジ

money1

「黄色いお財布はお金がたまる」

という考えがあります。これは風水によるもので・・・

会社に行きたくない朝は色彩で自分を励まそう

yjimage1

朝カーテンを開けたら今にも降り出しそうな曇り空

睡眠不足で顔がむくんでいる、なんかしんどい・・・

2016/05/31

☆NEW SITE☆
 
   twitter-follow-300-80